代表の想い

English Career”の運営会社である留学情報館は、2005年アメリカ・カリフォルニア州で創業した留学エージェントです。

当時、留学エージェントは手数料をとって当たり前の時代に、手数料無料で有料のエージェントと同等以上のサービスを実現しようという気概の元、生まれた会社です。創業から12年余り、おかげさまで、これまでに7,500人を超える方々の留学を実現してきました。

ロサンゼルスのアパートの一室から始まったこの会社は、2008年に日本オフィスを開きました。御茶ノ水のわずか2坪余りのスペースに、デスク1台と2人のスタッフでオープンした日本オフィス。今では東京だけではなく大阪梅田、ロサンゼルスに加えフィリピンのセブ島にもオフィスを構えています。2014年からはTOEIC/TOEFLの専門学校も運営を開始し、グループ全体で50人以上の会社に成長することができました。

2017年、創業12年目を迎えるこの年に私たちは、英語を活かせる求人に特化したサイト”English Career”をスタートしました。留学から帰ってきた人や、国内で勉強して身につけた英語力を仕事に活かしたい、と思っている人の転職をお手伝いします。

こちらでは、私たちがなぜこのサービスをスタートしたのかをお話しさせてください。少し長くなってしまいますが、このサービスに興味を持たれている方にはぜひ読んでいただきたいと思っています。

留学・英語教育のプロとして

留学エージェントは、渡航前には非常に頼りになる存在です。お客様は留学について、ほとんどなにも知らない、真っ白の状態からスタートするからです。不安しかないようなところから、私たちと留学のプランニングを開始します。留学情報館ではお客様、カウンセラー、アドミッションスタッフと三人四脚で留学をつくっていきます。カウンセリングを重ね、何ヶ月も、時には1年以上かけて留学を実現するのです。

しかし多くのお客様は留学が実現すると、残念ながら留学エージェントのことを忘れてしまいます。

なぜなら、現地で困ったときは学校スタッフや現地でできた友達から教えてもらえるし、生活に慣れてしまえば大抵のことは自分でできるようになるからです。もちろんそれが悪いことではなく、それこそが留学の成果であり、その人が努力し成長した証です。私たちは正直、少し寂しいですが、便りがないのは良い便り、みなさん海外で元気でやっている証拠だと思っています(もちろん留学先から連絡をいただいたり、帰国後に顔を見せに来てくださることもあり、そのときはとっても嬉しいです!)。

では、無事留学が終わり、日本に帰国された後はどうでしょう?


社会人の方は帰国後、就職活動をされます。みなさん、順風満帆に行かれると良いのですが、みなさんがみなさん、そうは行かないのが現状なのです。

実は、留学から帰ってきた人は、就職までかかる時間が国内で転職活動する人よりも多くかかってしまう傾向があります。帰国後のお客様に伺ったところ、いろいろな原因・悩みが浮かび上がってきました。

  • 初めての転職活動、何から手を付けていいかわからなかった
  • 留学経験や語学力を活かした仕事がしたいが、そういう仕事がなかなか見つからない
  • 理想と現実のミスマッチに悩んでしまい辛かった
  • 留学で成長を実感しているが、それを企業にうまく伝えられない、評価してもらえない
  • 同じ境遇の人が周りにいおらず、相談する、アドバイスをもらうことが難しい
  • 転職が思ったように行かず長引いて、焦っている・・・

では留学した人の市場価値は実際どうなのでしょうか?


このようなデータがあります。留学経験がある人はない人と比べて、下記のような能力に秀でているという回答が出ています。

  • 異文化に対応する力
  • コミュニケーション能力
  • 柔軟性
  • 積極性・行動力
  • 社交性

これはいずれも企業が採用のときに重要視する資質です。

つまり留学経験者の転職がうまくいかない場合の多くは、本人の資質に問題があるわけではなく、それがうまく伝わっていない、また、受け取ってもらえるお仕事に巡り会えていないことにあると私たちは考えています。

English Careerでは、
英語を活かした仕事をしたい人に魅力的な求人を紹介します
その人の資質が、企業に十分の伝わるようにアドバイスします

一方で企業の採用状況はどうでしょうか?

企業の人手不足は深刻になり、求人倍率は2.6倍近くになっています(2017年3月)。業界によっては8倍を超えます。いま企業は成長のチャンスを「よい人が見つからない」ことで逃してしまっているのです。

そしてご存知のようにインバウンド需要の増加、オリンピック開催決定などもあり、訪日外国人の数は5年前、2012年の830万人から2016年には2,400万人と、およそ6倍という数字になっています。2020年には東京都だけで2,500万人、日本全体では4,000万人の外国人観光客を目標にしています。人手不足、それも語学力のある人材、異文化コミュニケーション力に長けた人材が必要です。

English Careerは、
人手不足に悩む企業と、戦力になる人材を結びつけます。
それによって企業と、働く人双方の満足を実現します。

私たちは留学エージェントとして、留学から帰ってきた人が、転職活動で困ることがないようにしっかりサポートします。そして、英語教育のプロとして、留学に限らず、英語を勉強している人が、身につけた力を活かせる求人を紹介します。

留学経験者を採用する企業として

留学情報館のカウンセラーは留学経験が必須です。つまり私たちもまた、留学経験者を採用する立場の企業でもあります。そしてそのような一企業であることも、このサービスを始めるきっかけとなっています。

私たちが留学経験者を採用する理由はシンプルです。留学の魅力を真剣に伝えられるのは、やはり自分自身が留学した人だと思うからです。

カウンセラーのモチベーションの原点は、自分がいってよかった留学を、みんなにも広めたい、行ってもらいたい、感動体験をしてほしい、こういう感情が根底にあるんです。

ありがたいことに留学から帰国した人が、帰国後の就職の選択肢として、たくさん留学情報館の採用選考に来てくれます。留学エージェントの面接ですから、当然留学の話になります。でも、意外と留学経験をうまくプレゼンできる人が少ないのです。

ご自身の留学経験を魅力的に語ってくれる方がいます。よし、この人はきっとカウンセラーになっても、お客様に留学の魅力を活き活きと伝えてくれるでしょう!

しかし、留学経験が自分にとってどのようなもので、これからお仕事をしていく上でどのような意味を持つのか。これまでのお仕事と留学と、これからのお仕事がどういうストーリーでつながるのか、長い時間お話していても見えてこない人もいます。

もちろん、採用にはいろいろな要素が関わってきますので、これを言ってくれたら合格、ということもないですし、言えないから不採用でもありません。ただ、こと留学に関しては、自分なりに言葉にしておくことがとても重要だと考えます。

私たちの会社は留学の会社です。スタッフの95%は留学経験者です。なので、その人が留学で体験されたこと、どのように成長されたのか、想像することができます。こういうことでしょうか?と確認することができます。

しかしほかの会社ではどうでしょう?

とは思えないのです。なぜなら、私たちのお客さんも、同じ思いをしているかもしれないからです。

お客様が悩んでいるときに私たちが、留学経験や語学力を活かせるお仕事をご紹介できたら。その人の経験が企業でどのような価値を持つのかをお伝えできたら、それを面接の場でどう言葉にすればよいかをアドバイスをすることができたら、そして良き相談相手として転職活動のサポートができたら。

留学から帰って現実に戻るのが不安・・・、ではなく、日本に帰ったらどんな仕事をしようか?と留学に行く前のようにワクワクできるのではないでしょうか?

”English Career”のサービスを利用してもらうことで、転職活動に不安を持つ人が一人でも減り、楽しく前抜きに活動できる人が一人でも多く増えてほしいと思います。

そして、私たちは英語教育のプロとして、留学経験者だけではなく、国内で英語を勉強している人の転職サポートも行っています。留学に行きたくても、仕事やお金などの事情で日本で勉強を続けている人もいます。英語が好き、スキルアップしたい、英語を使う仕事がしたい、給料を上げたい、英語を勉強するには人それぞれ、その人だけの目的があると思いますが、英語を活かせる求人、というところでお力になれると思います。

投稿日:2017年4月28日 更新日:

Copyright© English Career [イングリッシュ キャリア] , 2017 AllRights Reserved.